<三線購入時の注意ポイント>
①値段の差は? 棹(材木)の材質が大きいらしい・・・。

伝統工芸品の意味合いもある。

偽物もあるので注意!。
(音色には、関係ないみたいである)

②胴の差(太鼓部分:三線の音に関わる部分)・・・本皮(蛇:高い)。
人工皮(安い)

③胴の皮の張り方
・本張り  ・・・音が良い。破れる可能性大(修理費が高い)
・強化バリ ・・・破れにくい。本張りより音が落ちる。
・人口皮バリ・・・メンテいらず。音が落ちる。安いため初心者向け。

④初心者の方は、続くかどうか分からないため、3万円程度の人工側皮三線で十分!

⑤上達したら本皮(蛇)がお勧め、見た目も音の両方の面で・・・。 6~10万円ぐらい。

⑥どうせ買うなら自慢できる1本が欲しい人は、高級黒木(八重山産)がお勧め・・・10万以上

上記を勘案して購入するか検討しょう!