<三線の構え方及び弾き方>

①姿勢   ・・・美しい演奏は美しいしせいから 背筋をのばし、三線を平行に45度にして構える。

②座り方  ・・・太ももと床は平行、背もたれには寄りかからない。

③構え方  ・・・太鼓の置く位置は太ももの付け根と膝の中間。
(太鼓の裏面からも音がでているた)

太鼓の面は正面を向くようにする。
(音は。太鼓からまっすぐ前にでていくため)

④棹の持ち方・・・棹の角度は45度、両脇をしっかりと開ける。

⑤姿勢のチエック・・・鏡で自分の姿勢を見ながら上記をチエックしてみると良い。

⑥右手、爪の持ち方、手の振り方
爪の持ち方・・・爪の穴に右手の人差し指を入れる。親指と中指でしっかり、爪を持つ手の振り方・・・手首の力を完全に抜く。手首を軸にして、手首から先だけを回転させて弾く。

まずは、何事も基本が大事、鏡で自分の姿勢を見てチエックしてみよう!